夜には飲まないこと | 病気治療にもダイエットにも使える便利な薬!【ラシックス研究所】 夜には飲まないこと|病気治療にもダイエットにも使える便利な薬!【ラシックス研究所】

夜には飲まないこと

白い錠剤

ラシックスを毎日飲んでいると、余分な水分、老廃物の排出が捗って、体にむくみが付きにくい、よって体内の環境がキレイになっていきます。ダイエットはもちろんのこと、疲労が溜まったりすることを防ぐことができ、健康生活が実現できるようになります。
このように便利な薬であるラシックスですが、気をつけるべきことがひとつ。それは、「夜に飲まないようにする」ということです。
ラシックスは非常に効果的な利尿剤であり、飲んでからしばらくは余分な水分などを体外に排出するための機能が活発化します。つまり、たくさんおしっこが出るようになるわけですが、夜に飲むと眠りを妨げられるほど何度も尿意を覚えてしまうことになるのです。

眠っているとき、脳や体はリラックス状態にあるので、より尿意や便意が強く感じられるようになります。その結果、何度も尿意を覚えてトイレに立つ、ということになってしまうのです。
こうなってしまうと、健康生活が実現!どころか逆効果です。
眠りというのは往々にして無視されがちですが、健康生活のために欠くことのできない要素でもあります。つまり起きているときはしっかり活動し、夜にはしっかり眠ることが人にとっては必要なのです。ダイエットにとってもそれは同じです。規則正しい生活を送ることも大切なので、夜はきちんと眠ることができるよう、ラシックスの服用は避けなければならないのです。
「薬は寝る前に飲むもの」というイメージは、結構多くの人が持っていることと思いますし、確かに薬の中には「寝る前に飲むこと」というものもあります。しかしラシックスに関しては、少なくとも、夜に飲むべきではないのです。